李王玲

李王玲
李王玲
20代前半より、数多くの著名な占い師のもとで紫微斗数はもとより、四柱推命・断易・西洋占星術、数秘……と洋の東西を問わずあらゆる占術を学ぶ。その間、「自分はまだ修行中である」という気持ちから表に名前こそ出さなかったものの、雑誌での占い原稿の執筆や占いコンテンツのサブ監修などの仕事を精力的にこなし、自己研鑽に努め、占い界では高い評価を得ていた。
紫微斗数に傾倒していったのは、日本と近しいメンタリティをもつといわれる台湾において、圧倒的な支持を集める占いであると耳にしてから。「もっとも『私たち』と親和性の高い占いこそ、もっとも『当たる』占いに違いない」という信念のもと、何度も渡台して現地の占い師と交流をもつなど精力的に研究を深めている。


占い一覧

占い名公開日価格