鮑黎明 先天八字推命術 〜台湾に伝承された四柱推命の原点〜
雲
監修者紹介 占術について 結果サンプル TOPへ
監修者紹介
鮑黎明 近影
鮑黎明プロフィール
鮑黎明(パオ・リーミン)

日本有数の風水師、占術家。

1954年、東京都世田谷区玉川田園調布に生まれる。
革命運動に奔走し、日本に亡命した父と新聞記者をしていた気丈な母との間に生を受け、生まれて間もない頃より二、三十人余りの食客と寝食を共にするという環境で育つ。

幼少の頃より何度も不思議な出来事に遭遇し、数多くの宗教家、霊能者、漢方醫、占術家、修行者等と運命的な出逢いを体験し、十七歳にして易學書を紐解く。

法政大学経済学部を中退し、台湾に遊学した折りに数多くの星相學家と知遇を得て、交流を深めた後、実占研究に没頭。

研究の結果、中国占術に限って、日本と中国との判断法に決定的な相違のあることを痛感、中国本来の星相學を標榜し、1980年代から書籍・テレビ・講演・指導などを通して中国本来の星相學を標榜し続ける。

2010年、他界。

現在はご子息と弟子達がその遺志と占術を継承している。


【著書】

開運風水暦 (扶桑社)
紫微斗数精義 (ビイング・ネット・プレス)
姓名易断術 (扶桑社)
最後の風水学 (興陽館)
タオ風水術 (ビイング・ネット・プレス)
抄訳 静坐學聖典 (モデラート)
超財運 1000万円めざす住まいの風水学 (双葉社)
盛運!仕事の風水 (宝島社新書)
実用正統風水百科 (PHP研究所)
他、多数

鮑黎明からのメッセージ
【先天運はすでに決まっている】

  中国では人が生きていく上で先天的にそなわったものは、たとえ変えられても、土台からまったく別のものに変えることはできないと考えます。 つまり、どんな父母のもとに生まれ、兄弟姉妹とのかかわりや先天的体質を含め、気性、性格、嗜好から感性にしても生まれながらのものがあるのだと。

 長ずるに及んではどんな人と出逢い、そして結ばれ、どんな結婚生活を送るのか、どんな子供をもうけるのか、また金銭面はどうなって、どんな仕事に就き、独立するのか勤め人なのか、不動産運は恵まれるのか、喜び楽しみの多い日々なのか等々のことが実は大筋では決まってしまっているのです。

【知命から改命へ】

 孔子は言いました「五十にして天命を知る」と。人は誰でもだいたい50歳になれば、自己認識できるものだという意味ですが、現代では「天命」を気にする人はあまりいないと言うかもしれません。しかし、何かの障害に遭うと人はそれなりに自分がこの世に生まれてきたのは何だったのかを悟るようになるようです。

 佛教であれ道教であれ、各人はそれぞれ過去世での行いの結果、この世に生まれると説きます。そして良かれ悪しかれ、その人なりの傾向性によって富・貴・貧・賤・吉・凶・寿・夭が厳然と具わっているわけです。これを宿業ともカルマとも呼んでいます。

 通常、「天命」は各人の出生年月日時、及び出生地というデータから算出できるのです。

 この点は洋の東西を問わず共通していますが、中国では先天八字、紫微斗数などの命理学で占うことが少なくとも一千年以上も前から、慣習として根付いていて、これをいわゆる「命」といい、最も変えることの難しい要素と中国タオイズムではとらえます。

 自分がどのようなカルマを負って生まれてきたかを正しく認識すること、つまり「知命」と言いますが、そうして初めて自分の良いところ、悪いところを理解でき、真剣に研鑽し、努力すれば「改命」することも可能になってくるのです。
巻物
雲
監修者紹介 占術について 結果サンプル TOPへ